中山店長のブログ

8月の日祝日の閉店時間が変わります。

8月 14日(日) 10時~18時半

8月 21日(日) 10時~18時

8月 28日(日) 10時~18時

来月以降も日・祝日の閉店時間は日によって異なります。毎回、店頭およびHPにて掲示を行います。ご不便をおかけ致しますが、何卒ご理解程よろしく申し上げます。

営業時間のお知らせ

8月 7日(日) 10時~18時

8月12日(金) 10時~18時半

8月13日(土) 10時~18時半

8月14日(日) 10時~18時

8月15日(月) 10時~18時半

8月16日(火) 10時~18時半

8月17日(水)より通常営業 10時~19時

あおいゆみ先生の新刊が刊行されました。シリーズ第3巻になります。先生より直筆サイン入り色紙をいただきました。あおい先生ありがとうございました。シリーズフェア開催中。

 春の訪れは、冬の長い雪国にはとかく待ち遠しい。暖かさに向かう四季の移り変わりは、青空のような明るさをもって私たちを解放してくれる。ただ、コロナによって、春への高揚感は、いつもと違う。コロナは繰り返す波のごとく、収まっては、また拡大し、長期化するなかで、私たちの生活や感情は、どうにも落ち着かなくなっている。心は蝕まれているようにさえ感じる。
このコロナ禍での違和感や閉塞感、不自由さは、川上末映子の最新刊「春のこわいもの」にも存在する。コロナに感染したのか、隔離病棟と思われる場所で思いめぐらせる女や、仲良くなった男女の生徒への学校生活に訪れる突然の休校など、コロナ禍を想起させる場面が何度も出てくる。コロナに慣れていくことで取り戻しつつある、日常の幸せを、他人と長く会話することすら、普段に増して喜びの感情となる。ただ、ふと現実に戻るとき、不安や喪失感、やり場のない感情などはより激しく蠢くようにも思える。ここに登場する男女6人は、まるでSNSでつぶやいているかのようなスピードで感情を吐露するところが印象に残る。
 本書をコロナ文学と括れることは容易にはできないが、ここにあるのは、コロナ禍で必死に、もがきながら生きる私たちである。そして、登場する彼らの感情にいくつかの共感を見出すことができる救済の文学といえるかもしれない。

先日、岸田首相が、佐渡金山を世界文化遺産登録へ向け、ユネスコに推薦したと発表されました。強制労働問題等、賛否両論ですが、地元ならではの佐渡に関する本(歴史や文化、旅行ガイド等)などを集めました。

次ページへ »

中山店長のブログ  月別アーカイブ

株式会社 萬松堂
〒951-8063
新潟県新潟市中央区古町通
6番町958番地
TEL:025-229-2221(代表)
FAX:025-229-4331
事業内容
●雑誌・書籍の卸売・小売
●バーゲンブック事業
●教科書・教材の販売

リンク

◆文部科学省ホームページ
文部科学省ホームページ
教科書目録が開きます
◆知的書評合戦ビブリオバトル
知的書評合戦ビブリオバトル公式ウェブサイト
◆新潟ビブリオバトル部
新潟ビブリオバトル部
◆オンライン書店e-hon
オンライン書店e-hon 萬松堂で受取れば送料無料
教科書教材の森 萬松堂特急便